最近の投稿
最近のコメント

    さいたま市デリヘルがGENERATIONS

    デリヘル嬢の小さな両手を大きな手で包み込むと、風俗客は木槌を持つ長さを調整し、鋭くひと振りした。ゴッンという音とともに、ボールはころころと丘の中腹を下っていった。「う-ん、これはいい」風俗客がつぶやく。でも、彼がボールのことを言っているのか、今のスイングのことを言っているのか、デリヘル嬢にはよくわからなかった。背筋をまっすぐ伸ばした瞬間、ふたりの視線が絡み合う。ああ、なんてことだ風俗客は心の中でうなっていた。デリヘル さいたま市なら見つめるだけで、男にこんな喜びを与えるとは、なんとも罪な女性風俗嬢じゃないか。デリヘル嬢の腕を取り、うやうやしくエスコートしながら、芝生の上を進んでいく」傍観者たちはまだふたりの様子を盗み見ているが少なくとも雲これで彼らの詮索好きな耳からは逃れられたことになる。一方、デリヘル嬢は彼の忠告に従い、微笑を絶やさずにいた。さいたま市は周囲の人々の視線が届かない場所に来たのを見計らって、尋ねた。「さっき、私のことで何を言ったの?」「きみは僕と親しい仲だということさ。最近はさいたま市よりもそれだけだ」「それだけじゃないでしょう!」「まあね、それだけじゃない」「あなた、わざと微妙な言い方をしていたわ。まるで私たちが…その。関係してるみたいに」その瞬間、喜びに胸が高鳴ったが、わざと怒ったふりをした。さいたま市好きにとって「きっと、あの場の皆がそう思ってたと思うよ」「でも、それは嘘だわ!」「いいじゃないか。嘘をつくことで、きみを厄介事から救ってあげたんだから」「まあ、なんて図々しい。」「どういうわけか知らないが」風俗客は重いため息をついた。まるでこの世の重荷を自分の肩に背負い込んでしまったかのようだ。「きみは自分のことは棚に上げて、厄介事を全部僕に押しつけているようだ」「まあ、私にとっての唯一の厄介事は」デリヘル嬢は立ち止ろうとしたが、風俗客に腕を引っぱられ、そのまま芝生の上をゆっくりと進んでいくほかなかった↑こあなたと一緒にいることよ、ミスター・スティーヴンズ。私はただ、こののどかなボール・ゲームを楽しもうとしていただけなのに」「きみは相当鈍感なんだな」風俗客は喉の奥で、ふんと馬鹿にするような声を発した。